2019年12月22日(日) 「真生いま・ここ養生通信」No,157

2019年12月22日(日)
「真生 いま・ここ養生通信」No,157

これは有料メールマガジンお申込みの方々
に配信しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます、真です。

今日は24節気の一つ冬至ですね。

養生通信お申込みの方々には無料で遠隔治
療を行います。

冬至を過ぎると寒さがより厳しくなって来
ますが、日は1日と長くなって来ます。

このことを古代の人達は一陽来復(いちよう
らいふく)と言っていました。

意味は三つあり、

1 陰が極まって陽が返ってくること。また
は冬至。

2 冬が去り春が来ること。

3 悪いことばかりが続いていたが、それが
終わり、やっと運が向いてくること。

元々の出典は中国の四書五経の一つ易経(え
ききょう)からです。

易経とは巷で行われている易、「当たるも
八卦当たらぬも八卦」という運勢、運命を
観るものではなく、

宇宙の運行に逆らうことなく人としての在
り方と行動指針を示した人生哲学書であり
ました。

真は少し遅かったですが20代前半から学ん
でいました。

昔の日本人は10代から素読を行い、心を練
ることを行なっていたのです。

この書は先の見えない混迷時代において闇夜
を照らす、灯台の光のように貴方の人生の行
きてを教えてくれているのです。

古代からある認知行動療法なのです。

西洋的な認知行動療法は日本人には合わな
い方々が多いのですが、もう古くから東洋
にはあったのですよ。

それを真は現代版に復刻させて四季の光透
波(言葉)セラピーとお伝えしています。

光透波(言葉)セラピーとは

光透波のセラピー

そして2020年四季の光透波(言葉)セラピー
連続受講の方々には2020年12月に無料の
セミナーにご招待しています。

寝たきり、ガン、脳梗塞、心筋梗塞、鬱病
、痴呆症にならない無料セミナーです。

2020年12月は上記にプラスして腸内フ
ローラの活性化を行います。

潰瘍性大腸炎やクローン病などの難病、
糖尿病、肥満などの生活習慣病、アレル
ギー疾患や精神疾患、更には強固な便秘
症、過敏性腸症候群などの疾患は、腸に
住む細菌たち(腸内フローラ)のバラン
スが大きく関わっていることが最近の研
究で明らかになりつつあります。

腸内フローラ移植には現在、200万円前
後かかりますが、移植することなく良く
なるのですよ。

そして病気、症状という自己表現をする
ことなく生きて行きましょう!

2020年12月無料セミナーはこちら

「2020年12月 無料セミナー」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

質問、聞いてみたいこと等

何かあればメール ◯◯○@◯◯◯.com
または緊急の場合はお電話で。

カテゴリー: I---お知らせ, I-04-有料メルマガ「真生 いま・ここ養生通信」   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です