「自己憐憫から抜ける」

悩み、苦悩している時には「何故、自分
だけが」と言う自己憐憫が働く。

その疑問の奥に深く分け入って行くと、
どうであろうか。

やがては思考の波を超え静けさに行き着
く。

すると

見るもの、見られるものという枠組みか
れ外れ、悩みに終わりを告げる。

メルマガ
* *しんちゃん先生のやすらぎ
光透波(ことば)のセラピー* *
【Vol.353】 2019年9月18日より

メルマガ登録はこちら

セッションのお申し込みはこちら

学びたい方はこちら

カテゴリー: II-01-言葉 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です