カテゴリー別アーカイブ: II-01-言葉

「素に直通する」

人類の悲しみを終わらせるためには素直 に目の前の事実を見ることです。 そこには一切の伝統、権威、教えを介在 させない、自由でなければならない。 真理は過去にあるわけでもなく、まして は自己実現と称して未来にあるものでも … 続きを読む

カテゴリー: II---健康法, II-01-言葉 | コメントをどうぞ

「離れる」

文明が幾ら豊かになり生活が便利になっ ても人間の精神は太古から寸分も進化し ていないのではないだろうか? メディアからは多量の情報が流されて来 るが、より人間の迷いを助長させていな いだろうか? 迷いから離れるためには、 … 続きを読む

カテゴリー: II---健康法, II-01-言葉 | コメントをどうぞ

「永遠の今」

人生において充実していない、不幸感覚が強い人程、人生に対して意味をもたらせようとする。 意味とは言葉から作り出されたもの。 一瞬にして古びたものになる。 生きるとは行為の連続性。 何一つ分けることがない永遠の行い。 そこ … 続きを読む

カテゴリー: II---健康法, II-01-言葉 | コメントをどうぞ

「自分革命」

境界(地位、名誉、学歴、お金、生育歴)を強く持って生きていると記憶の自分は安心したつもりになりますが、 悠久の大宇宙、大自然においては形に力がないこと、有事の際には自分の無力さに思い至ることになるのです。 枠組みに取り込 … 続きを読む

カテゴリー: II---健康法, II-01-言葉 | コメントをどうぞ

「ひ と つ」

良い悪いと分ける世界においては、どれ だけ知識を総動員しても最初のスタート が矛盾ですから最後も矛盾で終わるので す。 初めがひとつから生み出されたものであ るならば、抵抗なく調和へと結ぶことに なるのです。 開かれた意 … 続きを読む

カテゴリー: II---健康法, II-01-言葉 | コメントをどうぞ

「か な た」

抵抗なく生きるとは何ら信念、記憶の領 域にはない。 あなたが事実を見ているようで実は過去 のイメージから見ている。 そこからは何ら新しい新鮮なものは生ま れはしない。 知識を拾い上げて物事には対処出来るだ ろうが、 快・ … 続きを読む

カテゴリー: II---健康法, II-01-言葉 | コメントをどうぞ

「記憶をはさまない」

物質的に豊かな生活をしていても精神の 豊かさを実感することは出来ないのです。 一時的には心が穏やかになったつもりで も日常生活に戻れば、あいも変わらず心 は喧騒の海で溺れているのです。 知識の外に出ない限りは葛藤を終わら … 続きを読む

カテゴリー: II---健康法, II-01-言葉 | コメントをどうぞ

「生きていても生きていない」

仕事は出来るかも知れないが感性、直観 で生きて来なかった人間においては、人 生の後半においては生き辛いものです。 何故ならば宇宙を構成しているエネルギ ーは、感性の豊かな人のみが受け取れる ものだからです。 言い方を変え … 続きを読む

カテゴリー: II---健康法, II-01-言葉 | コメントをどうぞ

「叡智で生きるとは」

情報や知識を集めて社会的に有用に生き ることは容易いものです。 しかし精神が自由、やすらかであるとは 別の次元の話でもあります。 細胞から生命を作り出せないように叡智 で生きるとは、知識の集積、断片から全 体が作られるも … 続きを読む

カテゴリー: II-01-言葉 | コメントをどうぞ

「息を詰めない生き方」

正直、ありのままに生きるとはどう言うことなのだろうか? 人が矛盾、対立、葛藤、抵抗なく生きるとは? 思考が作り出した原理・原則から離れ、 息を詰めることなく自由に生きることは出来ないのだろうか? メルマガ * *しんちゃ … 続きを読む

カテゴリー: II-01-言葉 | コメントをどうぞ