カテゴリー別アーカイブ: III-08-老いの死生観

命は避(さ)るもの

身体は何歳になっても過去の痛み、傷を 抱えているのです。 治療でもどのレベルにアプローチしてい るかによって全く違うのです。 根源的なことを行なっておくと 魂が離脱し亡くなる時には、本当に安 らかに気持ち良く、軽やかに逝 … 続きを読む

カテゴリー: III-08-老いの死生観 | コメントをどうぞ