「じかんを超える」

彼は自分でないもの、地位、名誉、実績
、経験、書物での知識を誇らしく思って
いる自信がアリアリと見ることが出来た
が、中身は薄っぺらであった。

外見の体裁を良くしても中身は空虚の海
に漂っている浮き草にしか過ぎない。

時間を超えた世界にこそ彼が求めている
世界があるのに遥か彼方にしているのだ

メルマガ
* *しんちゃん先生のやすらぎ
光透波(ことば)のセラピー* *
【Vol.385】 2020年6月10日より

メルマガ登録はこちら

セッションのお申し込みはこちら

学びたい方はこちら

養生元気塾 ウェブレッスン

養生元気塾

 お申し込み

カテゴリー: II---健康法, II-01-言葉   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です