「自遊人」

生きていると楽しい時、苦しい時、哀しい時、いろ
いろあります。

それもあなたの深み、味わい深い人生を歩むために
必要かもしれません。

そんな境地の人が苦も楽も超えた所で愉しんでいる
自遊人かもしれません。

カテゴリー: II-10-生き方   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です