運が良くなる氣の作り方・高め方121

前回の「腰の痛みを良くする23」はいか
がでしたか?

神(頭)、心、身は三真一如なのです。

最後まで最愛のパートナーを愛せる身体
でいることが出来るのです。

前回、運が良くなる氣の作り方・高め
方120/

こちら

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

それでは今回は「腰の痛みを良くする24」

70代 女性

度々、腰痛を発して来られた時は足を引き
づりながら痛みに耐えながら来院。

その都度、鍼を刺さないで足のツボ、一
箇所に施術して良くなっていました。

当時、関西にて施術していたのですが、
真が東京に引っ越したのでそれっきりに
なっていました。

お知り合いからの情報でその後、真が治
療しなくなって半年後に脳梗塞になられ
たとお聞きしました。

「申し訳ない」と言う気持ちでいっぱい
でした。

27年前ぐらいのお話ですがとても未熟な
治療をしていました。

身体を超えたエネルギー体、経絡次元で
対処していましたがそれも根源的なこと
ではないのです。

病を獲ることではないのです。

慢性的なもの、頻繁に発生するものは何
らかの警告、お知らせが来ているものな
のです。

物事にいい悪いをつけているご本人に気
づいて貰うことが大切なのです。

現代では治療家を増やす時代ではないの
です。

自分で良くすることが出来る時代なので
す。

名人、達人、神がかり、カリスマの人は
要らないのです。

何故ならご本人が名人、達人、神そのも
のだからです。

すると漢方薬、サプリメント、レメディ
でさえ必要ないのです。

病を敵としない、起こること全てに感謝
出来る大いなる自己を想い出すことなの
です。

病からのメッセージは

「自分の中真、大宇宙に拓れた真体で在
れ!」なのです。

そのために静の氣幸(瞑想)、動の氣幸
(瞑想)が大切なのです。

ただ静の氣幸(瞑想)で心静かになっても
日常生活に戻れば慌ただしくなるもので
す。

静の氣幸(瞑想)を逃げ道にしないことです。

武道、武術系で動けることでもないのです。

特別なことをする必要はないのです。

大事なことは動の氣幸(瞑想)、日常生活を
しっかりと行うことなのです。

勿論、食事、睡眠も大切です。

すると動的立体神聖幾何学で動いています
ので型霊、数霊、色霊、音霊、言霊が一つ
となるのです。

意識、言葉、動きが三位一体となった姿、
真が立ち現れるのです。

漆黒の闇から真のMACOTO、光の光が生
じるのです。

二元を含んで超えることなのです。

すると人類の悲しみの歴史、物語を終わら
すとが出来るのです。

地球は新しい真地球になっています。

自分で凡ゆることが良く出来るんですよ!

体験したい方は養生元気塾で!

養生元気塾

遠方でお越しになれない方々はウェーブ
でレッスンを受けることが出来ます。

養生元気塾 ウェブレッスン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

セッションをお受けになった方々はより

深くご説明致します。

セッションはこちらへ

それでは宜しくお願い致します。

カテゴリー: II---健康法, II-03-運が良くなる! 氣の作り方・高め方   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です