「八千草薫さん」

女優の八千草薫さんが亡くなられましたね。

お歳を重ねるごとに可愛い女性になって行
かれましたね。

役作りの極意をこんな風に述べられていま
す。

「私の場合、その役が好きになって何とな
く自分の中に溶け合ってくる」と。

これは氣幸法の極意のひとつでもあります。

意識したエネルギーと一体化する。

「何者でもない私は、何者にも成れる自
由がある」

そのものに成り切る!

それなのに自らが条件をつけて縛られてい
る方々の何と多いことか?

女(男)だから。

母(父)親だから。

歳だから。

挙げて言ったらきりがない!

写真は病院勤務時代の真です。

これは地ではありません。

役柄にも成り切ってはいません。

新宿三丁目にも勤務していません。

悪しからず。

カテゴリー: II---健康法, II-07-考え方, III---老い, III-01-老いの健やかさ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です