「鎮座しない」

生きるとは聖と俗、美と醜、善と悪、
正と邪といったふうに果てしなき回廊
に並べ立てるように調和を計ろうとす
るが、

誰が見ても水と油のように永遠に交わ
ることなく、徒労に終わることは火を
見るよりも明らかなことである。

思考する者が鎮座することなく、ある
がままの事実を見ることで諸々の分断
が終わりを告げる。

 

メルマガ
* *しんちゃん先生のやすらぎ
光透波(ことば)のセラピー* *
【Vol.326】 2018年7月18日より

メルマガ登録はこちら

セッションのお申し込みはこちら

学びたい方はこちら

カテゴリー: 言葉   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です