「明 想」

経験を積むことで自我は安心したつもり
になりますが、

あなたが経験の刻印から自由にならない
限り、

目前にある空間はあいも変わらず喧騒の
闇の中にいるのです。

天真を妨げている苦悩から自由になるに

「わたし」と「わたし以外」を分けて
いる壁がなくなるのが明想なのです。

 

メルマガ
* *しんちゃん先生のやすらぎ
光透波(ことば)のセラピー* *
【Vol.329】 2018年9月7日より

メルマガ登録はこちら

セッションのお申し込みはこちら

学びたい方はこちら

カテゴリー: 言葉   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です