漆黒の夜を深深と牡丹の花びらのごとく雪が落ちて行く。

車の中では誰一人として口を開いているものもいない。

ただただ静まり返った夜と雪と人が静謐の中でひとつであった。

メルマガ登録は こちら
セッションのお申し込みは こちら
学びたい方は こちら
カテゴリー:   パーマリンク

コメントは受け付けていません。