「運が良くなる氣の作り方・ 高め方 61」

前回の「丹田を充実させる」はいかがで
したか?

丹田を充実させることは武道、武術家で
あれば常識ですが、

現代においては心身を統一させながら自
分の頭、心、身を練る

能力開発をしながら思い通りの人生を歩
むためには必須ではないでしょうか?

そしてただ単に自分だけの自己実現では
なく世の中と和して行くことが大切なこ
とではないですか?

政治家であれば国家同士で争う心を起こさ
せない、

医者であれば患者が前に坐っただけで癒
されて行く、

教育者であればどんな不良であっても立
ち直る

宗教家であれば輪廻の鎖から抜けさせる

科学者であれば全人類に役に立つものを
無限の叡智から降ろして来る

経営者であれば社員を幸福にしながら世
の中に縦軸、横軸を継ぐいで行く

アーティストであれば天界の美を音や形
で表現すると成るのです。

それでは今回は「内臓の働きを整える」
です。

胃腸が弱い、生理痛がある、便秘、下痢
しやすいと体質だと思っていませんか?

実はそうでもなかったりするのです。

そんな体質、内臓の働きを本来に戻す方
法をお伝え致します。

ホリスティック氣幸では

頭腔(頭蓋腔)、

胸腔、

腹腔の三つを整えます。

*専門的には頭腔ではなく頭蓋腔です。
語呂合わせが良いので使っております。

頭、胸、お腹(肚)このバランスが良けれ
ば、

頭では眼、耳は衰えにくいものです。

真は今年54才を迎えますが眼鏡をかける
事なく本を読んでおります。

そもそも氣幸を行なっていて眼鏡をかけ
ている人達はそもそもやりかたが間違っ
ているのか?

浅いレベルで行なっています。

眼と同じ高さの聴力も弱っているはずで
す。

身体全体においても代謝、免疫力が良い
ので中年太りもないのです。

真の現在の身長は178㎝ 体重66kgです。

身体も益々元気になって行くのです。

信じられない方が殆どだと思いますが、
歩いて上半身がないに等しいくらい軽い
のです。

背骨の感覚もです。

つまり肩こりなどあり得ないのです。

下半身ではドッシリしており安定、心も
やすらぎ、静寂の中でいるのです。

ドッシリしていますが足取りは軽やか、
身軽で新しい事を始めるに当たっても怖
れる、不安、躊躇することがないのです

体験したい方々は養生元気塾で出来ます。
 
こちら

遠方でお越しになれない方々はウェーブで
レッスンを受けることが出来ます。

こちら

それでは宜しくお願い致します。

お申込みは こちら

カテゴリー: お知らせ, 運が良くなる! 氣の作り方・高め方, 養生元気塾   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です