運が良くなる! 氣の作り方・高め方8

 寒い日が続いていますが、皆さんは
いかがお過ごしでしょうか?

真は、この季節でも暖房器具は一切使
っていません。多少、寒いですが一枚
着れば、大丈夫なのです。

振り返って見れば、20歳前後の頃は
寒がりでこの時期は、暖房はもとより、
5枚は着込んでいたのに寒かったので
す。

変われば変わるものですね。

さて、街中を見渡して見ると足元、足
首を冷やすような靴の方が一部でおら
れます。

ここから冷え込みが入り下腹部、前立
腺、膀胱、子宮、卵巣、腰に影響を及
ぼしていることがあるのです。

長年、そこに冷え込みが入って慢性化
していくと内臓疾患になるかも知
れないのです。

まずは足元を冷やさない工夫をすると
内臓を守り、エネルギーが上に上がら
なくなり肩こり、首の痛みが楽になる
のです。

*これはあくまで冷えが原因の肩こり
、首のこりです。

中の冷え込みを抜くには、技術が要り
ます。

生姜や温める程度では効かないのです。

裏を返せば生姜や温める程度で良くな
るようなものは、放っておいても
良くなるのです。

あと、足を冷やして風邪を引く場合も
あるのです。

一般には風邪は、背中の後ろに寒気を
感じ始まる場合が多いのですが、実は
足元から引く風邪も多いのです。

風邪は身体のお掃除だから年に2、3
回引けばいいという考えもありますが、
重い風邪引きは罹らない方がいいので
す。

先日、患者さんから「風邪引きの症状
があったので葛根湯を飲みましたが、
夜に汗が多量に出て症状が悪化した」
と治療の予約が ありました。

この方の普段の体質と症状から葛根湯
の適応ではないことが明らかで、より
重い状態に自らがしておられました。

幸い治療で事なきを得ましたが、ひど
くなると心筋梗塞になる恐れもあった
のです。もちろんご本人には一切、お
伝えすることなく行っています。

素人の生兵法が怖いものだと実感しま
した。

あと、普段から風邪引きの症状がない
のに、葛根湯を飲んでいる方がおられ
ます。

葛根湯は、一部の肩こり効くからです。

しかし葛根湯を飲んで楽になる方は、
将来的に脳梗塞になりやすい体質だと
も言えるのです。

それをわかりながら処方を受けたり、
出して入ればいいのですが、出来れば、
対処療法ではなく、根本的治療、そし
て本質的治療、根源的治療へと進んで
行けば、その問題は二度と起こらない
のに残念な気がしてなりません。

1何事も今の状態がどうであるのか?

2ゴールはどうでありたいのか?

3そしてそのためには何をすればいい
のか?

いつでもシンプルにすることです。

今だけが良ければ良いという考え方か
ら、

千年、万年、永遠という所から、あな
たを次元が誘ってくれるかも知れない
のです。

すると永遠の中を行き交う旅の行者と
して自在に生きて行くこと出来るか
も知れないのです。

自在とはミズカラアル「自ら在る」と
読んで、どんな境遇においても、常に
主人公になる「主体性を失わない」と
いう意味と、オノズカラアル「自ずか
ら在る」と読んで「大宇宙、大自然の
はたらきにすべてをまかせきった自然
体という二つの意味があります。

しかもその二つがひとつに溶け合って
いるのが本当の「自在」なのです。

ですから「自在」は自由よりはるかに
奥深い意味があるのです。

メルマガ
* *しんちゃん先生のやすらぎ光透波
(ことば)のセラピー* *
【Vol.262】 2015年1月20日より

メルマガ登録はこちら

セッションのお申し込みはこちら

学びたい方はこちら

カテゴリー: 運が良くなる! 氣の作り方・高め方   パーマリンク

コメントは受け付けていません。