運が良くなる! 氣の作り方・高め方14

現在、痴呆症の方は、2015年では3
00万人前後だと言われていますが、

 職業柄、痴呆症の方を多く見ている
のですが、症状が出てからでは遅いの
です。

 痴呆症を専門に扱う人達のご意見を
伺っているとなりやすい職業というも
のがあるらしいのです。

 一番多いのが公務員、次に教員、医
者という順位らしいです。

 なりやすい性格というものはどうな
のかという問いが出てきますが、これ
は千差万別らしいのです。

 真の見聞きする所では、ずっと瞑想、
祈りを行っていた方もなっていますし、

 大学の心理学の教授もなっている方
がおられますし、

 株など頭を使う人にもなっている方
がおられます。

 ただし、痴呆症の方がおられるご家
族を見ているとこういった形で発症し
て行くのだろうと予め検討がつく場合
があるのです。

 職業がらそのご家族の歴史、親子4
代を120年位ですが見ています。

 痴呆症、発症までには20年から30
年かかると言われますが、早い人で30
代から40代では明らかにその兆候が
見え始まります。

 時間にルーズ、地図が読めない、迷
いやすい、季節の変化に疎い、今日と
いう日を安易に過ごしている、身体を
動かさない、感動がない、感情をコン
トロール出来ない、不安感が強い、自
分、自分達だけの価値観にこだわる、
偏見が強い、切り捨てる、上から目線、
何事にも面倒くさがる、新しく物事に
挑戦しない、孤独、疎外感が強い、利
益がない人とは付き合わない、成功に
異常にこだわる、権威主義、世間体を
気にしすぎる、良い人すぎる、自己主
張できない、明るいようだが内面に葛
藤を抱えている、人格者だが生老病死
に対する恐れが強い、クソ真面目、薬
の影響していると色々な要因が複合し
ていると思われす。

 周りの人が天然かと思っていたら元
々認知機能が低かった、実は認知症だ
ったと言うことがあります。

 成りたくなければ、上記の事と反対
なことを行っていけばいいのです。

  平素、鍛えておくことは、日常の身
の回りのことを自分で行うことです。

 但し、不安、恐怖、怯えで日常を過
ごすようなマイナスの養生はしないこ
とです。

 積極的に人生を生き切ることにより
自然に回避される、能力が全開になり、
生を愉しむことです。

 生きるとは総合芸術だと思いますが、
思考、想像、気持ち、感覚、直感と全
能を使うことではないでしょうか?

 そして現実生活を心身を含めて健全、
柔軟、丈夫にして主体的に生きる、社
会と交わりながら世間体でない生き方
をするのです。

 ストレスを除く、解放するリラック
スばかりではなく、内面を心身共に充
実させながら外面を軽やかに生きるの
です。

 エネルギーの解放ばかり行っている
と生命エネルギーが枯渇し、その時は
スッキリした感じ、あるいはスッキリ
したつもりになったりするのですが、
後々大変な事になるのです。

 個人セッション、ワーク、セミナー
においてリラックス系、解放系、癒し
系が多いのですがその人のためには、
良くない事も多いのです。

 返って、慢心し、よろしくない場合
も多いのです。

 例えば、肩こりのない人が肩が凝れ
るようになること、あるいは肩こりを
自覚出来るようにする事が健康的に生
 きることでもあったりするのです。

 悲しみ、不安、恐れ、苦悩、悩み、
葛藤、痛みを忌み嫌わない事でもある
のです。

 もちろん、次のステージもあります。

 クライアントから見ると、一見良く
ない事に見えるのですが、年月を重ね
て行くととんでもない豊かさを得るの
です。
 

 健康だからこそ、悩み、葛藤するこ
とが多いに出来るようになるのです。

 そして成熟して行くと人生、見るも
の、聞くもの、味わうものがすべて苦
も楽も含めて愉しめるのです。

 

 楽しければ認知機能は、極端には衰
えないのではないでしょうか?

 現実生活を快適に生きるために心身
を鍛えて行くのです。

 その方法もあるのです。

 切り捨て、抑圧ではない抑制できる
肚、身体性、器量、器、人格を高める
方法があるのです。

 痴呆症を始めとする病を発症しない、
病を寄せ付けない生き方があるのです。

 病気という形で自己表現をしなくて
良いのです。

 是非、軽やかに生きるために生をお
使いになられますように!

メルマガ
* *しんちゃん先生のやすらぎ光透波
(ことば)のセラピー* *
【Vol.268】 2015年4月21日より

メルマガ登録はこちら

セッションのお申し込みはこちら

学びたい方はこちら

カテゴリー: 運が良くなる! 氣の作り方・高め方   パーマリンク

コメントは受け付けていません。