運が良くなる! 氣の作り方・高め方12

坐禅をする場所を道場と呼びますが、
「坐る」という文字には人が四つ入っ
ています。

考える自分、イメージする自分、感情
の自分、感じる自分と。

脳の三層構造と同じなのです。

考える自分、イメージする自分は大脳
新皮質。

感情、気持ちは大脳辺縁系。

感じるは脳幹。

その四つがひとつになった時に初めて
坐っていることになるの
です。

すべての場所、する事を道場として自
分を鍛えて行くのです。

その時、あなたは坐忘、ひとつになり、
ただそれをするのです。

ちなみに、真は正坐で行っています。

一つの所で止めて、「正」しいという
文字になります。

メルマガ
* *しんちゃん先生のやすらぎ光透波
(ことば)のセラピー* *
【Vol.266】 2015年3月20日より

メルマガ登録はこちら

セッションのお申し込みはこちら

学びたい方はこちら

カテゴリー: 運が良くなる! 氣の作り方・高め方   パーマリンク

コメントは受け付けていません。