運が良くなる氣の作り方・高め方19

暑くなってきましたので口当たりの良
いビールなどがノド越しをうるおし、
おいしくリラックスもさせてくれます

日頃からストレスが溜まり、エネルギ
ーが上に上がっている方々は、潤すの
ではなく浴びるぐらいの飲み方をし、
エネルギーを発散させているのです。

酒が酒を飲む状態、自分がなく主体性
がないのです。

主体なき主体に翻弄されている状態な
のです。

シラフの時は社会性などの外枠があり
ますが、もともと内枠、中身が空虚の
ため埋めるために飲んで紛らわす、誤
魔化すのです。

ただその生活をしていると過ぎたるも
のですからやがては食道、胃、大腸、
肝臓、膵臓、血管系統に負担がかかり
すぎ、突発性の心筋梗塞、脳梗塞、あ
るいは慢性疾患やがんになって行く場
合もあるのではないですか?

芸能人などに多い喉頭ガン、胃がん、
食道がん、大腸がんなどです。

良く飲んだ翌日は筋トレや走ったりと
運動して入れば「大丈夫」だという方
が見受けられますが内臓とはまた別の
話です。

何故、こういった飲み方が出来るのか
と言うと完全に狂っているからです。

瞑想や呼吸法を実践していても台無し
になるのです。

その時には氣をつけておかなければい
けないのですが、喉、横隔膜、骨盤底
筋群の三者は連動して動いているので
す。

咽頭横隔膜、横隔膜、骨盤横隔膜です。
※咽頭横隔膜、骨盤横隔膜は造語です。

もう少し厳密に言うとみぞおちの横隔
膜も前と後ろがあります。

ここでは述べません。

頭、心、身体のバランスを崩さないよ
うにするには各自の身体性が違います
ので、一概には言えませんが、それぞ
れに合わせた調整法が必要です。

しかし、飲み方を喉越しを通した飲み
方をするのではなく、舌の上でコロが
すようにして飲むのです。

大人の飲み方です。

大きく狂わせない身体性にするのです。

メルマガ
* *しんちゃん先生のやすらぎ
光透波(ことば)のセラピー* *
【Vol.273】 2015年7月7日より

メルマガ登録はこちら

セッションのお申し込みはこちら

学びたい方はこちら

カテゴリー: 運が良くなる! 氣の作り方・高め方   パーマリンク

コメントは受け付けていません。