運が良くなる氣の作り方・高め方 47

前回の「型」はいかがでしたか?

これを理解して行っているのとそうでな
いのでは格段の違いがあるのです。

そして次に第二ステージの丹田があるの
です。

第三、第四、第五~と続きます。

プロセスを踏んで行かないと効果がない
ばかりか、

偏差(身体不調や精神的に不安定になる
事)を生じます。

そのような事がないために最初が肝心な
のです。

気功や太極拳の学習会に行くと20年,30
年と修練を積んだ方々がおられますが残
念ながら

年を重ねただけで意味のない一年を20、
30回と繰り返したに過ぎない方々も多く
見られます。

そのために理解して行う。

チェックする、確認しながら習熟を計っ
て行くのです。

今回は「肌」です。

秋口に入ると乾燥傾向になりお肌に潤い
が少なくなって来ます。そして人によっ
ては風邪を引きやすくもなります。

そんな時にお肌を守る方法をお伝えしま
す。

真は歩いている時に行なっているのです
が、これを行うと寒さから身を守りかつ
お肌にも有効なのです。

お肌と肺には密接な関係があると東洋医
学の理論があるのですが、それを実践的
にしたものです。

日本人の死因に肺がん、肺炎が上位ラン
クにありますが病の予防、保健効果も高
いのです。

真は長い間、喘息だったのですがその苦
しみからも今は無くなり快適に過ごして
います。

あの苦しかった時が嘘のようなのです。

咳がひどい時には、肺から咳き込むので
はなく、ヘソのしたから咳が出るのです
よ。

夜中、咳が止まらなくなり三ヶ月位は続
いていました。

その辛さを十二分に知っています。

そと方法を直接伝授致します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━

直接、真がご説明致しまます。

よろしければご覧になって下さいね。

新しく有益な情報を提供出来るように
致しました。

こちらから
 

メルマガ
* *しんちゃん先生のやすらぎ
光透波(ことば)のセラピー* *
【Vol.301】 2016年10月5日より

メルマガ登録はこちら

セッションのお申し込みはこちら

学びたい方はこちら

カテゴリー: 運が良くなる! 氣の作り方・高め方   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です